安定的な仮想通貨

NO IMAGE

仮想通貨の中で、有名なもののチャートを見ていくと、大きく値を下げてからの横ばいが長い事が見てとれます。それは、下値が堅くて安定していると言えます。

脆弱な金融商品なら、とめどもなくさらに下げていくケースを見る事が多々ありますが、仮想通貨はもはや脆弱な金融商品ではない事になります。
下値が堅くて安定しているという事は、かなりの需要の高さがある事の証明になります。そもそも大きく値を下げたという認識も怪しく、直前に急激に上昇をしていたら調整が入るのは当然のことです。

また、急に注目をする人々が増えると、流動性は急に増えるわけですが、いずれは相場は落ちつきを取り戻す時が来ます。

その時に流動性が元に戻ったり相場から去る時に売る人々が多いために値下がりが続く年があったとしても、仮想通貨の価値の下落であるとは言えません。
逆に、大きく値を下げた後にも当然調整が入るのが自然ですので、値を下げた後はチャンスであるとも言えます。

2021年の仮想通貨の保有者は、評判の良い口コミを聞いて副業として投資を始めた短期保有者などが減ってきています。

これは、長期保有者の割合が増えたということで、マーケットの危険性が軽減されて仮想通貨の価格がより安定しやすくなっていきます。

空売りのリスクは株式や為替相場と同様に常につきまといますが、総合的には危険性は年々軽くなっています。

チャート的には、大きく値を下げたあとは戻り売りを狙う人が多いです。
そうすると、さらなる下落圧力となり相場経験が豊富な人は買いを入れる事に躊躇しがちです。そんな状況であるにもかかわらず、下落が続かないという事は、しっかりとした買いが入っている事になります。

戻り売りを狙った人もそんな底堅い状況に少しずつショートポジションを解消していきます。ショートポジションの解消は買いですので、ある時点から仮想通貨の相場が上昇していく事が予想されます。
ショートポジションが大きければ大きいほど起爆剤的に上昇要因となります。

仮想通貨を買おうとしている人が増えていっているとか、ショートポジションの量の推移などの情報は手軽に入手できる時代になりました。

それらの情報を総合的に判断して仮想通貨と向き合っていきたいものです。仮想通貨は個人投資家の割合が多いですし、増加傾向にあります。

つまり、個人投資家にとっては自分自身の投資心理そのものが市場心理に近く、相場予想をするのにとても好都合です。