指値や逆指値を駆使して最も良いタイミングで仮想通貨の取引をする

NO IMAGE

仮想通貨の現物取引の注文方法は複数あるので初心者は迷わないでトレーに挑戦するために事前に種類を知っておきましょう。まずはストリーミング注文の習得から始めるといいです。

画面に表示されたレートを確認しながら成行で注文するから初心者でも取引するのが簡単です。
あまり深く考えなくてもリアルタイムでトレードができるので、売買したい時にすぐに実行したい人にストリーミング注文は向いています。成行で仮想通貨を取引すると多少ずれることがあるのが現実です。

どれぐらいずれてもいいのかを設定するためにスリッページ幅を自分で決めることになります。スリッページ幅を狭くすると約定しにくいというデメリットがあるのですが、注文したい仮想通貨のレートに近い価格で取引が成立するのが利点です。
売買したい価格と約定されるレートがずれるのは誰でも嫌でしょうが、すぐにエントリーしておきたいのならある程度のずれを許容するのが必要です。
指値注文を使って仮想通貨で儲けている人は多いです。

今の仮想通貨のレートよりも有利と言える価格を指定して注文するのが指値注文です。例えば、ビットコインを買っておきたい時に指値をする場合は、今のレートより下の価格にロングの注文を入れることになります。

逆に仮想通貨を売る際に指値注文をする時は今よりも高いレートで売ります。他にも分かっておいてほしいのが逆指値注文で、現在提示されている仮想通貨の価格よりも不利なレートで約定するように注文を出す方法です。

分かりやすくまとめると、指値注文は上がった時にショートをして下落したらロングするという注文です。
逆指値注文を簡単に説明すると注文を出した価格を上回ったらロングをして、下回ったらショートをする方法です。損切りをする場合によく使われるのが逆指値注文と言えます。

一人だけで仮想通貨のトレードを毎日することが習慣になっていて損切が増えてしまうと不安になりがちです。
LINEユーザーなどにこれからの相場の先行きの相談をして、他人の考えていることを参考にして戦略を組み立てたくなる人がいるでしょう。

詐欺を絶対にしないと信じることができる人からアドバイスをもらうのは問題ないです。しかし、高い金銭を支払わないといけなかったり返金の仕方がよく分からない商材を強引に売ろうとする人の言うことは聞いてはなりません。
副業で100万以上の収入を欲しい人を狙った詐欺にはひっかからないことを強く決意してほしいです。